スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

UMIZARU

2005.11.08 (Tue)
海猿

海猿 スタンダード・エディション

先日のスウィングガールズと一緒に借りてたので、返却日当日に慌てて見ました(爆)

いやぁ、青春っていいねぇ~ 感動だねぇ~

雰囲気的には、「愛と青春の旅立ち」の日本版って感じでしょうか。
しかし、制作がROBOT+フジテレビってことで、やっぱり踊る大捜査線的なテイストもちょっとあったりw
だからといって、決して軽くなってるわけじゃない。
ストレートというか、フェイクやギミックの少ない演出が、逆に見る側を引きつける要因になってるなと。

だって、テーマソングがからして、JOURNEYの「Open Arms」ですもんww
青春映画の王道!!って感じで、楽しめました。

ここから先は映画の内容に触れる部分もあるので、ネタバレOKな方は↓の「★ UMIZARUの続きを読む」からどうぞw

【More・・・】

最後のほうで、仙崎(伊藤英明)と三嶋(海東健)が訓練中に遭難して、絶体絶命の危機に陥った時、上層部の命令を無視して、他の訓練生に二人を救助に向かわせる決断をした源教官(藤竜也)のセリフ


「二人はお前らが助けに来るのを信じて待っている。何が何でも生きて連れ戻せぃ!!」(多分こんな内容)


これにはシビレました。正直、涙出そうになりましたもん。

仲間同士で信頼しあって、助け合う。

そんな当たり前のことが、こんなに素晴らしいことなんだと、改めて気づかされた映画でした。


俳優陣も、特に脇役が渋いなぁ~、と思いました。

源教官役の藤竜也に、五十嵐主席監察官役の國村隼(この方、「交渉人 真下正義」でTTR司令室の室長やってましたねw)、食堂のおばちゃん役の杏子が、個人的にはいい感じだったなぁ~。

あと、仙崎のバディだった工藤役の伊藤淳史も、情けない感じでいい味出してましたww
彼は、そういう役どころやらせたら、ほんと上手いなw

で、DVD返しにいった足で、またまた2本ほどレンタルしちゃいましたw
そのレビューは、またいずれ…。
スポンサーサイト
【編集】 |  08:17 |  moblog  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

なんかページが凄くかっこ良くなりましたね~w( ̄o ̄)w オオー!
俺も機会があれば見たいっすね~!
昔はどちらかと言えば洋画派でしたが邦画が最近恋しくなってきていた所だったので。
かし |  2005.11.09(水) 09:55 | URL | 【コメント編集】
かしさん>

こんにちは~w

このデザイン、いいっしょ?w
fc2向けのスキン作ってる人のなんですけどねw

海猿はオススメですよ~。コテコテの青春映画ですけどw

洋画は、俺はあんまり見ないんですが、一昨日、ターミナル借りてきたんで、これから見てみようかなとw
ロードショーに行こうと思いつつ、結局行けなかったんで(^^;

かしさんのオススメ映画とかあったら、教えてくださいなw
satoru |  2005.11.09(水) 10:43 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。