スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Get wild

2005.10.06 (Thu)
もう既にニュースリリースされてるんで、知ってる人は知ってると思いますが、玉置成実がTM NETWORKの「Get wild」をカバーして、シングルとしてリリースするとか。

試聴はこちら

試聴してみましたが…

う~ん…

なんかカッコ悪い(爆)

つか、ウチらFANKSにとっては、Get wildってやっぱりすごく大事な1曲なわけですよ。
あの曲でTM NETWORKが世間に一気に知られるようになったわけだし。
色々思い入れもある曲だし。
だからこそ、大事にして欲しい曲だし、余程の人で無い限り、カバーとかして欲しくなかったなぁ、と。

「これでTMの良さが再認識されれば良いんじゃないか」という意見もあるようですが、これじゃ再認識どころか、ただ過去の遺産を投売りしてるような気がしてなりません。

しかもこれ、小室センセ自らがアレンジ・プロデュース手がけてるって話…。
もっと自分の曲を大事にしてください(^^;>センセ

さて、口直しにオリジナルでも聴くかなw
スポンサーサイト
【編集】 |  21:44 |  TM NETWORK  | トラックバック(2) | コメント(8) | Top↑

CAROL

2005.09.14 (Wed)
CAROL


さて、TMのことを書こうと思いつつ、日ごろ起こったことばかり書いてたので、ここらでまたアルバムレビューなんぞをw

このアルバムも、TM NETWORKを語る上では外せない1枚ですねぇ。
ミュージカルを意識した楽曲構成、メンバーの木根さんによる小説化(木根さんの小説家として処女作でもあります)、そしてライブという3つの要素が重なり合って初めて完成するという、当時(1980年代後半)としては非常に画期的なアルバムでした。
ライブの方は、「CAROL the LIVE」「CAMP FANKS!!'89」で観ることができます。

ぶっちゃけ、俺の中ではこのアルバム、あまり順位は高くないんですが(爆)、今でもふと聴きたくなってしまう曲がいくつも入ってるのです。

その中でもお勧めの1曲…となると、「Winter Comes Around(冬の一日)」ですね。
ピアノとストリングスのみで構成された非常に美しいオケに、ウツの切ない歌声が重なる…。
もうこれだけで涙モノですw
実際、この曲聴くたびに、なんでか涙出てきちゃいますしね。

この曲をレコーディングしてた時、ミキシングルームで聴いていたディレクターが、感極まってスタジオを飛び出し、一人泣いていたという逸話もあるほどでw

この曲を聴くだけでも、このアルバムを持ってる価値はあると思いますね。
【編集】 |  18:12 |  TM NETWORK  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

human system

2005.09.02 (Fri)
human system


思えば、今から18年前、FANKSになったきっかけは、この「human system」でした。
当時、俺は中3だったんですが(これで歳が計算できちゃうな(爆))、当時聴いてた音楽と言えば、ゲームミュージックのサントラばっかりという、かなりヲタクな少年だったのですw

で、ふとある日、「ゲームミュージック以外の音楽も聴かないと!」と、なんでか思い立ちましてww
でも、いきなりロックってのもなぁ…と思い、色々探してみたところ、「なんかTM NETWORKってのは、ピコピコしてるらしい」ということで、「これなら聴けるかも」と思って聴いたのが始まりですw

でも、中学生なもんで、LPを買えるお金も無く(当時はCDは出ていたものの、まだまだアナログ盤が主流でした)、アルバムを持ってる友達に頼んで、このアルバムをテープにダビングしてもらったものです。
友達も気を利かせてくれたのか、おまけでGet Wildまで入れてくれましてw
一発でTMの虜になってしまいましたw

この中からどれか一曲選べと言われると困ってしまうくらい、捨て曲の無いアルバムなんですが、敢えて選ぶなら、「Telephone Line」ですかねぇ。
今聴いても古さを全然感じさせず、それでいてどこか懐かしくて切ない気持ちになってしまう…。
木根バラの中でも名曲中の名曲だと、俺は思ってます。

小室センセ作曲のだと、「Children of the New Century」かな。
アルバムの1曲目なんですが、いきなりガツンとやられたって感じでしたね。
後に、tohkoがカバーした記憶があります。

でも、kiss youはシングルバージョンの方が好きだったりするんですが…w

ちなみに、このblogのURLに入ってる「dawnvalley」
これも、このアルバムに収録されているインスト「dawn valley」から頂きましたw

小室センセが作ったインストものは色々ありますが(TM、TM以外でも)、俺はdawn valleyが最高の小室インストだと思ってますね。
なんていうか、聴いてるだけで情景が浮かぶんですよねぇ。
そういう曲って、なかなかありそうで無いと思うので…。

ちなみに「dawn valley」は、夜明けの谷の底から上を見上げてるようなイメージだそうです。
レコーディングも、ほんとに夜明け(午前4時)に行ったそうで…その雰囲気が良く出てると思います。

以上、俺がTMにどっぷりハマるきっかけになったアルバムでしたw
【編集】 |  23:07 |  TM NETWORK  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。